畜産物編

貴社において同業他社に追随できない「違い化」された畜産物を販売する

生肉・冷凍肉加工後の鮮度維持

  • 牛、豚、鶏の切り身後身質よりドリップや養分の流出がほとんどありません。
  • 牛、豚、鶏の切り身後鮮明に発色し褐変しにくいです。
  • 牛、豚、鶏の切り身後の菌数が増えにくいです。
  • 牛、豚、鶏の冷凍食品は凍結温度マイナス13~15℃でも簡単にスライスできます。
  • 牛、豚、鶏を問わずすべての畜産物は飼育の段階より、成体歩留まり・増肉率・脂肪分・味・肉質・臭い等さまざまな問題を解決します。