水産物編

素システム水産物編

現在の流通過程において、タイ、ハマチ、ヒラメ、フグなどの商材は圧倒的に養殖魚を販売されているのではないでしょうか?

現在の流通過程において、タイ、ハマチ、ヒラメ、フグなどの商材は圧倒的に養殖魚を販売されているのではないでしょうか?

当然、水産国である我が国では、古来からそれらの魚類は食されてきておりますが現在の流通業の販売しているそれとは違うのは、養殖されたものと天然魚の違いです。養殖魚は天然物と比べ見質や臭い、色などで圧倒的に見た目にも食した時にも違いが出てしまいます。

養殖魚は天然魚と比べて不味くて当然。販売する側も消費者も当たり前のように諦めていた事ではないでしょうか。

では、少し概念を変えて考えてみましょう。
養殖魚であっても、天然物となんら遜色のない魚を従来価格で販売することができたら。
そんな同業他社に出来ない「違い化」された商品を提供していけば必ずや、業界における貴社の販売シェアは向上するのではないでしょうか。

ますます激化していくであろう販売競争に打ち勝つには弊社のご提案させて頂く素システムの技術や商品群が貴社にとっての最大の販売力のささえになるのではないでしょうか。

天然物と変わらない美味しい養殖魚の違い化商品を貴社で販売していくメリットは?

貴社において同業他社に追随できない「違い化」された水産物を販売する。


  1. 養殖活魚の魚対の脂肪分の低下
    • 養殖魚を天然魚と変わらない適正な脂肪分にコントロールできます。
    • 養殖魚の身質は養殖独特の異臭がしなくなります。
    • 養殖魚を調理しても調理場や調理器具などが脂肪等であまり汚れません。
  2. 養殖活魚の加工後(フィレ、ロイン等)の鮮度維持
    • 血合の色も鮮明で褐色化しにくく天然魚とほぼ遜色ありません。
  3. 養殖活魚の魚体の発色
    • 魚体のしま模様や色は、天然魚に近い発色が出ます。
  4. 養殖活魚の死亡率の減少
    • 細菌が原因の病気にもかかりにくくなります。
  5. 鮮魚の漁獲後の鮮度維持
    • 鮮魚の船内及び消費地への鮮度を維持します。(鮮度維持期間の延長)
    • 鮮魚の変色、身割れなどがおきにくくなります。
    • 鮮魚の異臭を感じにくくなります。

  1. 生マグロ漁獲後の鮮度維持
    • 漁獲後の魚体身質の長時間の鮮度維持ができます。
    • 太物の船内冷凍品の解凍後のドリップ防止や生物と同様の鮮度が維持できます。
  2. 生マグロの加工後の鮮度維持
    • ロイン、冊切り身後身質よりドリップや養分の流出がほとんどありません。
    • ロイン、冊切り身後鮮明に発色し褐変しにくいです。
    • ロイン、冊切り身後加工後の菌数が増えにくいです。
  1. 加工後の鮮度維持、味覚、風味の向上
    • 紅鮭等の照明器具等の紫外線による色変化はしにくいです。
    • 紅鮭等を焼いた後、冷えても身締まりを起こさず簡単にほぐれやすくなります。
    • 加工魚にみそ味やうま味等を均等に素早く切り身に浸透させることができます。
    • 腹身のうまみ脂肪分を背身に浸透させる事ができます。
    • 冷凍解凍時のドリップが出にくく、味覚や鮮度保持などは現存の既存商品とは圧倒的な優位性があります。