冷凍システムの特長

素システムの冷凍システムの特長

  • 氷の結晶が成長しない為、食品の組織が壊れず保たれます。
    食品の組織と含まれた水分のすべてが均一に凍結する為、氷の結晶は成長せず、食品の組織が壊れません。

     


  • 食品の表面が乾燥せず、フレーバーも保たれます。
    短時間で食品全体が凍結する為、食品の表面が冷風を長時間浴びる事なく乾燥が防げます。
    また、フレーバーも飛ばされにくく、風味が保たれます。

     


  • 食品の内部も乾燥せず、品質が保たれます。
    凍結した食品は、食品の水分が表面付近に集中する事がなく食品内部も乾燥しません。
    また、内部の組織には縮みや変質は起きず、本来の品質が保たれます。

     


  • 食品の解凍時には、ドリップが出ません。
    水分が表面に集中する事なく均等な状態で凍っている為、解凍してもドリップ現象が起きず、品質が保たれ、雑菌も増えにくいのです。