カットフルーツ

1)カットフルーツ加工後の鮮度保持

・商品のみずみずしさが維持できます。
・商品の切り口の褐色変化が防止できます。

2)カットフルーツの味覚を向上維持

・商品の甘みを増し、果肉の熟度が適切になり食味が向上します。
・果肉からの養分の流出がなく美味しくなります。
・商品の風味(フレーバー)を損なうことが非常に少なくなります。
・以上の結果により商品自体の品質のばらつきが非常に少なくなります。

3)カットフルーツの加工後の菌数が増えにくい。

・冷蔵保存(5℃)で1g中300以下が可能です。
・商品の一般生菌数は、初発より5~10日前後維持ができます。
・商品の風味(フレーバー)を損なうことが非常に少なくなります。
・大腸菌群は、5~10日前後陰性で維持ができます。

素システム導入による改善要素