広く食品分野で活用できる基盤技術や加工技術の研究開発を行なっています。代表的なものとして生鮮食品の鮮度保持技術「素システム」があります。

研究・開発が明日の企業を創る。

研究室の様子

企業の躍進にとって、たゆまぬ研究・開発は必要不可欠であることはいうまでもありません。食品業界においても例外ではなく、あらゆる企 業が新時代に向けて、独自の取り組みを展開しています。当、研究所においても、ノウハウを駆使し、それをさらに一歩前進させ、食の未来を創造しています。

研究室の様子

長年の経験をもとに自然環境型開発・研究を続けていく時、そこには新しい発見があります。それを、さまざまな角度からテストした上でマニュアル化し、独自 のノウハウとして積み上げ、得たさまざまなノウハウを基本に、安全かつ高品質の商品を世に送り出しています。優れた技術・開発力は、いまや生鮮食品、一般 食品産業には不可欠になり、食文化の担い手としての地位も確立しつつあります。